2017/12/10

12/10 フォローアップ

フォローアップミーティング。
今日は神戸から杉山氏来札、すごいセミナーになった。
というのも、なかなかコアな話が連続で。


2017/12/09

12/9 やどりぎ

宿り木に実がついてる。
すこしまえに気づいて、今日採取にでかけた。
マイナス9度。
新雪がうつくしいなか、脚立をかついであるく。

2017/12/06

12/6 移動時間/インフルエンザワクチン

 9時半の千歳だから7時半に出た。
高速は渋滞が始まっている案内が出たので、北インターはやめ北郷を目指した。
道路はツルツル。
市内を出る道なのにところどころ下道も混んでいる。
自動車道に乗れてゆっくり行ったら結構9時半近い到着だった。
冬は2時間なんだな。
夏の倍。。

昨日行きつけの診療所で打ったワクチン、どうやら本当に
不足しているらしく、「会社での摂取は断念しました」と言うことを聞かされた。
「苫小牧中どこもありませんでした。。」そんな具合。
俺の行きつけはすいているから、オススメです。
椿診療所。


2017/12/04

12/4 落選の知らせ

なかなかうまくいかないもので、
実力も基盤もないわけだからもちろんそうなのだろうけど。
辛いね。落選のしらせは。
たったいま一通どどいた。。

しかし、月初めにオーストラリアからとどいた合格通知は、
自分以外の人も気にかけてくれている。
これにはなんだかうれしくなる。
けさは英語でチャットみたいになっちゃって。。
英語。。。
これも難題だわ。
テクノロジーにたよると自分で努力しなくなるもの。。。

うまく運ぶだろうか。



2017/12/03

12/3 藤戸竹喜の世界展

藤戸竹喜の世界展をみてきた。
阿寒のお宿での作品集制作にかかわらせていただいたときに随分沢山向き合わせてもらい撮影した作品たちの一部も展示されている。
ここでは触れることも許されない、不思議な気分。
展示最後のオオカミの物語、泣けた。

2017/10/29

10/29

S社..さんを新千歳へお送りし、札幌へもどる。
新規開店されるスィーツ店のメインイメージ撮影。


2017/10/28

10/28 甘露の森

久しぶりの甘露の森。

2017/10/23

10/23

雪になった。
昼以降は雨。
しかもなかなかいい降り。
寒いし濡れるし。
ひどい天気。

8月のお礼を、やっとEMSにて発送。
矢継ぎ早に、外国のレビューを受けるための作品、資料まとめにあくせく。
21時帰宅。

なんとかつじつまが合ってきたかもしれない。
あとは作品も。


2017/10/21

10/21

学生さんが、親への感謝を表すっていうイベント撮影。
朝から入って中抜けして、夕方まで。
最後のショー撮影は過酷だった。
いつものことではあるが、一人であっちこっち走り回るからね。

参加した親たちの嬉しそうな表情。
いいもんです。


2017/10/18

10/18

ブツ撮りにおわれる。
おわれている気になる。。
12+17。
なんだろう。集中力が出ない。
いつもの倍じかんがかかる。。こういうのは病気ですってどこかにステッカーが張ってあったっけ。。
いや、そんな言い訳は通らない、すすめるのみ。
結局、あさからはじめた撮影は昼飯のあと小休止、昨日までのイメージ作成を夕方までかけ、残りは夜の撮影になった。
でも、今日じゅうにいろいろメドがついた。

そうそう、夕べは東京からA社長がいらしてお声をかけてくださったので、
6名で布袋ミーティング!
楽しい話しがいろいろきけました〜。
なにか始まりそうな人たち!
ありがとう!

22時、きょうはこのあたりまで。。

2017/10/17

10/17

小樽。
このところ、こちらのNさんのがんばりが素敵だ。
どんなイメージにしたいかあれこれ考えてくれており、
現場はスムーズにすすむ。
事前にテスト撮影までしているのには、あたまがさがる。
若者すばらしい!


2017/10/16

10/16 写真作品集

戻ったのは21時過ぎ。
事務所の郵便受けになにか入っている。
見覚えのある名前が表に書かれている、あの人だ。

これから販売してゆくできたての写真作品集をうけとらせていただいた。

写真家田中聡子さんの「東京轍」

この夏、冬青社髙橋氏へ作品講評のアポイントを取らせていただいた折り、田中作品の印刷入稿現場に立ち会わせていただき、なんと最終段階の印刷現場にまで同席させていただくという好機に恵まれた。

1ページ、2ページと東京の姿がえがかれる。
ありそうで、もう無くなっていそうで、
懐かしくもあり、いとおしく思える光景。
モノクロームの濃淡の再現がまたいい。

素敵な一冊をありがとうございます。

WEBより注文可能ですので、ぜひ多くの方に手にとっていただきたきおもいます。

東京轍 田中聡子





2017/10/15

10/15 x1d in sapporo

昨日はがんばってせいで、飲み過ぎた。
少し反省。
そう、いつもうかがっている某所のメインビジュアル撮影だった。
外国人のモデルさんだけど、日本での生活も長くって前回の撮影より言葉が伝わった。
たすかる〜。
ほぼうまくいったとは感じているんだけど、
さいごのあたりで予定のないショットまで撮影することに。。
なんかここがじぶんにとっておおきな問題。
機材の準備は打ち合わせに従って用意したものだけだからねぇ。
言い訳だぁ。
なんかさ、最後のあたりはしっくりきてなかった、正直。

ヨドバシ札幌さんでハッセルブラッドのイベントがあるので、スリーセットのうち真ん中の回に顔をだしてきた。
写真家の西村一光さん!
久しぶりにおあいできました。
ジャパンのIさんNさんもいらしており、イベント後たっぷり情報をいただけた。いろいろお話を聞かせていただきありがとうございました。
またさっぽろでも何かやってください!

それにしても体調わるい。
夕方には吐き気に寒気。なんだか最悪。



2017/10/14

10/14 Todays best work

Lensclutureにセレクトしたいただけたのは人生初で光栄なこと。
六甲で出会って、
影響を受け、
たくさん学んで。

そんな仲間Fさん教えてくれた。
レンズカルチャーセレクトTodays best work!
感謝でしかない。

しかしいつものようにその先どうすることが重要なのだろう。
よくわからない自分が恥ずかしくもある。



2017/10/13

10/13 HC 50mm Lens

人生はじめて購入したハッセルブラッドは20いくつのときだったか。
500c/m、zeiss CF 50,80,150
この三本からスタートした。
当時、40ミリは途方もなく高価なレンズで手がでなかったと記憶している。

中判50ミリ。
ほどよい広角のレンズだが、ぼかせば標準以上の写真にも見えるし、
建築のパースペクティブをやさしく自然に再現するレンズでもある。
広く写ればいいってものじゃないと思えたのはその後より広角レンズを手にいれ使いこなしに難しさを知ってから。
だから、人物にもよく広めに写る安定感ある再現をするレンズという位置づけ。

Hレンズとして当初から気になっていたものの、なかなか入手には至っていなかった。
2000ドルくらいの中古をみつけて、これに決めようか1年くらい悩んでいたとおもう。そんななか、1360ドルでエクセレントコンディションのものが別のお店にあらわれた。おとくに入手できそう。

十月二日にお願いしたところアメリカ中部から十日間の旅を経てようやく北海道へ届いた。

HC50/3.5 Excellent 5200shot

配送が三社6択ほど提供されていて、いそがないし一番お安いサービスを選んでみたところ10日かかってようやく手元にやってきた。
数千円の差ではあるがこの分でここいらの居酒屋一回分たのしめる。
おおきいね。


10/11 コンペ結果ではないが。。

経費帳、すすめられた。
ここまでぶんほぼ完成〜。
今年ものこりわずかなんだなぁってしみじみおもう。
9月の締めもまとまって、すっきり。

レンズカルチャーへのエントリー作品は、
エディターズチョイスによりwebギャラリー掲載中〜。


2017/10/12

10/12 ちとせ

朝の八時はこのあたり通勤の人でこみあっている。
9時半には千歳入り予定なのに高速道路も混み合っていて。
今日は撮ったですねー。sさん、yさん、集中力ありがとう!
お昼も休憩もあがとう。


2017/10/10

10/10 エントリー


世の中ノーベル賞の発表で盛り上がっているなか、
ハッセルブラッドマスターズのノミネート発表があった。
おいらは落選。。。
課題が残る。
ノミネート作品への一般投票がはじまったからそちらで参加、投票しなくちゃ!

Head On Photo Festival 2018
につづき
Tokyo International Photography Competition 2017
Emerging Talent Awards 2017
へ申し込みしている
まずエントリーしなければなにもはじまらないからな。

先月エントリーしたHead On Photo Festival 2018は六甲で写真を見てくださったレビュワーさんからの提案。
決まればオーストラリアのphoto fes参加となるが、どうなることやら。。


2017/10/09

10/9 WS

今日は写真WSの日。
札幌の有志が開催してくださっている。
satoru watanabe 氏が札幌へきてくださった。

午後いっぱいのスケジュールは前半に彼の歩んできたストーリー。
中盤は知らないはじめての方と組んだチーム毎、テーマについて考え発表。
そして知らない人の多いなか、懇親会。

今日のwsはこのところダメダメなおれにとって勇気をいただけるお話しが多かった。
もちろんw氏のダメ話はきちんと次のステップに繋がっているし成功してゆくわけなので、
自分と照らし合わせても無意味なのは気づいております。
しかし、なんか勇気をもらえたなぁ。

ひとりになった帰り道に思ったのは、
やられることもなく開放されたこの感覚がいつもとちがう。
元気や勇気はもらえたけど、物足りなさもあるのは受け身だったからだろうか。。

いずれにせよ、良い経験になってますので、
イベント開催とお声かけに感謝。


2017/10/08

10/8 マガンの渡り

朝3時起床、
美唄宮島沼4時半すぎに到着

秋の渡りを見に来た。
辺り一面霧に覆われ、見通せない。
五時半、あたりに明るさがやってきたところで、
鳴き声に変化。
そして一斉に飛び立つ。

迫力。


2017/10/07

10/7 学校祭

短大さんの学校祭。
朝の開会からはいって夕方まで。

若者たちは元気でいい。


2017/10/06

10/6

ときどきかけ足で登って死にそう。。
00:17:00 !

きょうの三角山


2017/10/05

10/5

ひさしぶりに登った。
背負いノ荷物なしだったが00:20:26。。

きょうの三角山


2017/10/03

10/3 広告物の成果

前回の広報物以降、お客様の入りがよく好調だという。
企画力や営業力のたまものなのだけど、広報用写真撮影に関わらせていたけどことはありがたいし、結果がいいのは嬉しくなる。

そのことがあったから?
豪華、鰻重絶品でした。
たいへんありがとうございます。
ごちそうさまです!

今日はずいぶんおそくまでになった。
帰り駐車場担当の方にねぎらわれたもん。
「今日はずいぶんかかったね〜」って。


2017/10/02

10/2 お願いするメリット

タイヤ。
近所のタイヤ屋さんで再見積。
同じモノなのにディーラーさんとタイヤ専門店さんでは価格差35000円におどろく。
もうレヴォーグは冬タイヤに交換していることを伝えると、11末とか12月にでもいらしてくださいと言ってくださる。手厚い。
これはディーラーさんにお願いするメリットはzeroだなぁ。


2017/10/01

10/1

新千歳にて打ち合わせ。
タイヤ交換。
レヴォーグ整備。
冬タイヤ見積り。




2017/09/24

9/24 箱根古道

箱根古道をあるいた。
甘酒茶屋から、七曲がりを下る。
石畳の道は趣があっていいね。
くだりなのに、なかなかいい汗をかいた。
バスで、湯元箱根へ。
観光協会で教えてもらった温泉銭湯へゆくと、お客さんゼロ。公衆浴場でのんびりあしを伸ばせた。
透明のお湯に小さめの円形湯船がかわいい。

夕方の湯元駅はごったがえしている。
銭湯へ行く前に特急券を買っておいたのは正解だった。





2017/09/23

9/23 箱根磨崖仏

国道1号をバスでゆく。
箱根磨崖仏、撮影する。

帰りのバスま待つ直前、ヒキガエルと出会う。
でかい。
そして切り立った壁の国道ぎわにいた彼を精進池側へ運んであげた。
あの交通量の国道は無事横切れないだろうから。。。



2017/09/22

9/22 同級生の写真展

28年前、写真課学生として同期だったハタケヤマ氏のエキシビション。

ally
2017/9/22 --- 9/27
オリンパスギャラリー 東京

酒を持参し
うかがった。
オープン直後に新宿の会場へ伺うと朝イチから取材をお受けになっている。
すごいなぁ。
北の大地の風景と力強いモトクロスの融合。
北海道という環境でおこなわれていることを日本最大の都市東京で伝えるというのは、好感がもてた。すばらしい。
2時間くらい後、少し話せた。
おめでとう。
そして会場を後に。

夕方のロマンスカーはレトロな車両の展望席に。
1.5時間後、箱根。


2017/09/21

9/21 印刷所

印刷立ち会いに同行させていただいた。
凸版さん9時50分集合。
田中聡子さんの東京轍。
冬青社高橋氏と作家さんのご厚意で同席させていただけることになった。
平台の印刷台前に立ち、校正台に乗せられた刷り上がりに指示を加えてゆく。
一瞬で何百枚も刷り出てくるわけで、圧倒される速さですすむ緊張感。
最終チェックを作家さんがサインし、本刷りにGoをかけた。



2017/09/20

9/20 とうきょう

朝の飛行機に乗って、東京へ。
ベルギー展とアラーキーを観覧。

2017/09/13

9/13


ビーフストロガノフ
絶品、おいし〜い!




2017/09/10

9/10

くれてきた

2017/09/09

9/9 paul c buff 修理相談

直接購入しているPaul c buff。
最近購入したdigibee800に不具合が出たので、前に転倒破損しているeinstein640を一緒に修理をお願い出来るかのメールを送ってみた。
返事はすぐにきて、
degibeeは保証内、einsteinは75USD程度以上の修理料金が必要。
すぐ送るようにと。
修理料金と運送費はクレジット決済で大丈夫だというので安心。

早速梱包しEMSで発送すると、送料7000円以上だった。
こういう輸送コストを知るとやはりアメリカは遠いなぁとかんじる。


2017/09/07

9/7 松前城奥

午前4時から。
暗闇の時間から日が出て明るくなるまで、レストラン施設を外観内観を撮っていった。
9時には解散。s氏は特急で帰るというので、こちらは松前へ。
松前城奥の山にあるという八十八カ所をめざした。




2017/09/06

9/6 建築作品

大沼公園へ。
めずらしくSさん同乗。
4時間の旅。

昼前には現地エプィさんに入り、ラウンジやロビーから撮影開始。
今回は岡部先生の建築作品として撮影。

昼休憩はいつものあんかけやきそば。
午後はレストラン撮影。

フレンチの夕食をいただき、早めの就寝。


2017/09/05

9/5 アフターリポート

六甲山国際写真祭に参加して。
web掲載していただきました。
Yさんお声かけありがとう。感謝〜。

2017/09/04

9/4 AirAsia

持病の検査&投薬をお願いのため、中村記念病院へ。
8時半。

そうそう、AirASIA機内誌が到着。
表紙と中面見開き。
ご採用ありがとうございます。


2017/09/03

9/3 記録集



白老アイヌ民族博物館の企画展が冬にあったが、これが一冊にまとまって記録集になった。
数部送っていただいた。

開いてみると、一ページ記録してくださっている。

こうしてかたちにのこるのはうれしいものです。

担当Tさんに感謝です。


2017/09/02

9/2 文章を

なんだか、参加者さんの中に事務局スタッフもいらして、原稿依頼が。
こんかい写真祭に関してのことを、文章にしてみている。
うまいこと書けないが、いろいろべんきょになったこと、伝えられたらと思う。

しかし、自分なりに校正してから送ったのに、うまく直しましたって連絡が。
お手数おかけしておりますが、ありがたいです。

ここまで、事務所が散らかり放題。
それを今日の日曜日に片付けた。
引き出しの中にただ押し込んであった紙類を仕分けてまとめ、そして捨てた。
すっきり。

評価会では、このスタイルが評価高かった。
写真と文字を同時に見せると言うもの。
なかなか勇気がいる。。。けど、
こういう見せ方は!
ってお言葉が。



2017/09/01

9/1 日常へ

写真祭参加から札幌に戻って5日、まだボワッとしてはいるがお仕事の方は撮影〜納品まで順調だし、締めやお見積もりなど進めたし、今日は久しぶりに三角山。
スローペースで28分くらい。
久しぶりだから、ゆっくりゆっくり登るのもいい。
それでも、こうして体動かすと少し動きが軽くなる。
事務所まで帰ってきて車降りたら、足取りが違っているも。

この調子で、いつもの生活に戻して行こうっと。


2017/08/31

8/31 千歳2/2

DegiBee不調。
時々発光しないという状況。
今日は2灯で撮影を進めていたから、einsteinにチェンジし事なきを得た。
戻ってもう1灯と比べてみるとキセノンチューブ内電極基部あたりが黒ずんでいる。
劣化がすでに目に見える状況。
チューブを差し替えると発光する。
問題は本体ではなくチューブか。。

ひとまずチューブを入れ替え、ロケセットに戻した。
これでなんとか大丈夫だろう。。


2017/08/30

8/30 千歳1/2

お菓子撮影。
定例に近い。
ありがたい。

2017/08/28

8/28 支笏湖

ちょっと頭がボワっとしている。
まだ写真祭の後遺症真っ只中。
だからこそ機敏に進めよう。ホームでのお仕事。
今日はドリンク〜料理、ハープ奏者、施設、レストランと盛りだくさん。
お昼はブッフェをご馳走になったし、洋生菓子までいただく。
お気遣いに感謝です。



2017/08/27

8/27 六甲山国祭写真祭4日目

6時半起床
チックアウトして下山。

CAPでトークショウを公聴し、
Kiitoでオープンポートフォリオレビュー。

このあともワークショップがあったのだけど、私はここまで。
三宮の駅まで歩いたが、すでにひくきの時間は迫っている。
何か美味しいものでもって思ったけど、まっすぐ空港へ。
うどんをすすってAirdoに乗り込んだ。

辛かった4日間だが、北海道へ戻ってみるとすでに涼しく、
あの人たちの熱気、あの街の暑さが懐かしい。
なんだかちょっと寂しくもある。

2017/08/26

8/26 六甲山国祭写真祭3日目

6時半起床。
残りのセッションは3つ。
これを午前いっぱい。

ランチはカレー!



2017/08/25

8/25 六甲山国祭写真祭2日目

昨夜はまるで眠れなかった。
エアコンの風と寒さと変な汗。そしていびき。。
2日目の朝は6時半起床。
身支度を整え、7半朝食会場。
9時ウエイティングルーム入り。
9時半、いよいよレビュー開始。
ここから三時間。3セット

午後1セット。
そしてセミナーへ移行。

晩御飯はBBQ!
そしてナイトセッション。
ここからが長かった。。




2017/08/24

8/24 六甲山国祭写真祭1日目

暑い神戸に初めて降り立つ。

札幌から写真家tさんと飛行機内でお会いしており、作戦会議ランチのあと夕方のオープニングまでご一緒していただけることになった。
三宮の駅に荷物を預け、まずは港方向Kiitoホールへ。
ぼくの六甲はここからはじまった。

徒歩でミラージュギャラリーへ。
「おお、札幌チーム」と声をかけてくださったのは主宰の杉山氏。

タクシーでC.A.P.へ。
ここもみんなが集まり出す前にじっくり展示を観させていただいた。

夕方、オープニング。
英語の会場はイヤホンで同時通訳もしてくださっている。
すごいね。インターナショナルだ。。




2017/08/22

8/22 

概ね準備が整った。
これを持って六甲山へ向かう。


2017/08/21

8/21 木彫

支笏湖にて滝口作品木彫撮影。
しかしいつ見ても素晴らしい仕上げ。
手で彫り進めたのだから、すばらしく力強い。
木に新たな命が注ぎ込まれている。

2017/08/20

8/20 悩ましい

昨夜はアルコール抜きにした。
どうも最近頭痛がひどくて昨夜お酒を抜いたのに今日もまだ頭痛がする

昼前には事務所に出てきて心配な作業の続き。いや作業と言う表現をは正しくない、作品作りの最終段階だ。レビュアーさん達の情報探し。
夕方近くなってFBをチラ見したら竹本さんの写真展が今日までだということに気づく。
さっきまでまとめたレビュアーさんの資料プリントアウトし、それを持って行外回りの路面電車に乗り込む。20分ぐらいは座って勉強の時間になるだろそう考えたからだ。日曜日の夕方近くだとやはり電車も空いていてすぐに着席できたついている。

ギャラリーはご本人不在だったので30分かけてゆっくり作品を見せていただいた。パリの記憶だそうだ。
帰りも電車に乗り込み資料を読み込む時間につかえた。移動に車を使わないのはなかなか有効活用になる。

夕方から夜にかけて、今週末の事務所不在になるので見積もりや請求に関する資料のまとめメールの送信など。それから東京のT先生に添削お願いする作品のプリントにかかった。なんか休みもなくいろいろ進めている割には気持ちが焦るし考えがまとまらないし悩みは尽きない。。
もう9時近いし今日はそろそろやめようか。


2017/08/19

8/19 修理完了



次の週末に向けての資料も概ねまとまった。昨夜ちょっと飲み過ぎたんだがそのためか非常に体調が悪い。やってしまった。

とは言え午前中から事務所に出ている。ようやく「ゆきのあと」のステイトメントがまとまり日本語と英語の文の違いや必要な望遠に応えられるべく補足部分の検証。

滞っていた日記用の画像などをイメージ化して一気に貼り付けたりも。

夕方久しぶりにサンカクヤマ。21分。いつもなら夕方は登山者少ないんだけど今日は家族連れが多いね土曜日なので。

すごくいろいろなことができたわけではないがもうすっかり夜おそく22時。こんな時間になってもまだ頭がする。飲み過ぎじゃなくて体調悪いのかなあ。


悩み多いしなぁ。。。

ロジックボード交換
バッテリー交換
6万円。。。

2017/08/18

8/18 フレスコ



今日は月例の千歳カフェ撮影。9時半前から搬入し10時撮影開始。今日はスタートラインからちょっと混線気味で少し押し気味に進行する。ただカット数がそんなに多くないので結果午後2時半少し回った位には目処がついた。
皆さん段取りが立ち会いや制作ありがとうございました。

千歳のANAクラウンプラザホテルへ立ち寄り展示作品のチェック。おお、作品支笏湖の真ん中あたりにちょっと爪で触っちゃったみたいな5-6センチの傷らしきものが。
ちょっと考え、手ぬぐいの端っこで擦ってみた。ん、少し消えていくようだ。綿棒の先くらいに布を小さくし少し力を入れて擦ってみたところ回復。
さすがフレスコ。
夕方事務所に戻り昨日今日のイメージデータを完成させる。途中現像や処理させている時間に何気なく思い出した夕張を撮影し制作している写真家のオリジナルプリント手に眺めていた。今どうしているのかななんて気になってウェブを検索してみると。。。
今年の6月に亡くなっていた。
風間健介さん。

さらに、フィラデルフィアで一緒にファイナリスト展示された今井宏さんも亡くなられていた事実今日知って驚くばかり。

8/17-18 skype

送れているであろう。
この前macbookairが壊れた夜中にだましだましなんとか送信したメール。
なぜかyosh..からezo..へのメールはリターンされてサーバエラーだった。
お願い出し届いてますかの連絡は気が引けた。
なので、じっと待つことにした。
文章の英文化はイギリス在住のEさんに。

メッセージが12時近くに届いた。
これは途中です、私にコールしてください。
skypeだ。

慌てて事務所へ行き、セッセィング。
途中だとおっしゃるテキストをプリントして、備える。

こちらからのコールには出てられずやきもき、すぐに呼び鈴がなった。
ハロー、サイトウサン!
そこから2.5時間、びっしり英語の理由など教えていただき、言い回しの難しいところは、丁寧な英文の説明をね。などと実に丁寧にアドバイス。そして彼女のデスクトップがこちらに見えるようにしてくれていて、その場で文章に修正が加わる。
読み直す。また修正。
プロだ。
そしてわたしのことと作品についてをよく理解してくれた上で翻訳を進めてくれている。
スバラシイ。
ありがとー。

それにしても、skypeってすごいね。先日はイギリスとフィンランド間での電話もできたし、今夜のイギリスと日本も無料通話。しかも映像まで。
今さらだけど、すごい時代。



2017/08/17

8/17

小樽の撮影、これもレギュラーになっており本当にいつもありがとうございます。

少し早めに小樽に入ったので港では何か連れてないかとちょっと気になる。勝内の河口は誰もおらず今年先はここに入るんだろうか。鮭。

横目に見た色内はほんの少々の釣り人、おそらく鰯や鯖ではないだろう。

2017/08/16

8/16 少しのゆとり

お盆休み明け初日と思われる今日何人かから電話での問い合わせがあった。
期待したけど、なるほどこの先の秋冬スケジュールが埋まるものではなかった。。
5月に撮影したイメージデータが...という件、
うち今年は受注できなかった撮影に関して....〜したい件。
前にもこういうので失敗してるからさ、自分のこと以外について書くのは。。。
まぁ、今日は余裕があるのですっきりした気分でこれら要求に応えられた。

少しの余裕とういのは常に必要なのかもしれない。
自分はいい人ではないが、何かあった時誰かに答えてあげられる、そんな余裕を持ち合わせた人で入られたらと思った。

ギスギスせずに。

2017/08/15

8/15 プリントまとめ

気分転換になるかもって、最終日の『アンギアーリの戦い』へ足を運んだ。
が、さすがお盆で最終日。開館20分くらいに行ったんだけど、ここは北海道の美術館かい?ってほどの混雑ぶり。
これ開く前からみんな並んでいたんでないの。。。
で、結局よくは見られずふた回りくらいしてきた。
絵の迫力っていうのは、すごい。
しかも戦いを表現しているわけで、モチーフの力強さも作家の力もものすごい。
なんだか温度まで感じるような。
すいている時に行くべきだったと反省。。

プリントまとまりました。
大四切30枚×2セット

2017/08/14

8/13-14 Air2012モデル、ダウン

昨夜早めに横になって一度寝てから24時前に起床、ステートメント一部修正を加え最終判断にいたる。
これをイギリスのEさんへメールしようと思ったらmacがおかしい。
モニターにモザイクがかかったようにちらちらし始め、やがて画面内容も読めなくなり、システムダウン。あ〜これ、makbookair壊れた。
こんな時に。。。

このAirは二度目の故障。どうなる。。











2017/08/13

8/13 優しさ

ブツ撮り続き。完了。
サーバアップして納品まで行けた。

昨日のお願いメールに、返事をいただけた。
OKわかった。と。
早く送るようにと。

Eさん、ありがとうございます。

状況と事実を伝え、謝って、さらなるお願い。
こちらから一方的にお願いしている案件なのに対応してくださるというのは、とてもとても感謝です。

2017/08/12

8/12 量子近景

昨日『量子近景』を観せていただきにコンチネンタルギャラリーへ伺った。
ご本人山岸せいじ氏がいらして少しお話させていただいた。
まず、エントランスをすぎ展示スペースへ向かうと奥というか中がくらい。
その薄暗い中に巨大なものが天井あたりから床まで一直線に存在している。
足を進めるとさらに奥に同じようなものがたくさんある。
天井から床までが一枚の写真だ。

ステートメント。。
判断が決めてなのは、もちろんわかってる。
しかし、うまい具合に考えが出てこない。
辛い。

この件、翻訳もどうにかしなくてはならないので、やはり事実を伝えて謝って、もう一本お願いしてみることにした。
申し訳ないが、これしか道はない。







2017/08/11

8/11 書き直し

昨日から本格的にステートメントに書き直しに入っているが、進まない。
書くたび読むほどに意味が伝わらない感じで、まるでおかしい。
自分が嫌になる。

帰国してから連日外撮影をご依頼いただいていたので、ひさしぶりに事務所仕事。
と言っても、昨夜預かったブツ撮りからスタート。
これを終わらせなければ事務所に平台を作れない。
平台に再プリント写真を並べて乾燥させる必要があるからね。。
でも今日全ては進められなかった。

そして昨日までのご依頼分のイメージも着手し、夜中ようやく見えてきた。
請求のこととかもやって見たが、他にもまだまだある。
1時半帰宅。。



2017/08/10

8/10 入り時間ミス

遅れたわけではないから、まぁ良しとできるんだが。。
時間間違えて、15時からなのに10時に伺ってしまう。
自分もだけど、先方の皆さんも混乱気味。
いゃ〜、焦った。。

ここでまさかの空き時間。
カフェにてステートメントの再構成とした。
2/3はつかめた感じだが、なんだかとても辛い。。
店を出たところで、なんとT先生から電話をいただく。
送ったプリントを見てくださって、そのアドバイスだ。
ありがたい。嬉しい。
なんとかものにしなくては。
です。


2017/08/09

8/9 和食

和食撮影。19階にて。
今日はOさんの立ち会いに戻ったから、
前回よりいろいろお願いできたように思う。

彼女にスケジュールを組んでもらっていているんだけど、
調理さんも仕事速いからどんどん進む。結局2.5時間くらい巻けた。
素晴らしい。
秋の献立も素敵です!

いつもありがとうございます、お昼ごちそうさまでした!

2017/08/08

8/8 千歳の学校

8時半、南千歳。
Uさんを乗せ学校へ向かう。
ここから16時くらいまで学内イベントの撮影を。
途中空き時間に椅子に座ってiphone触った途端、一瞬で寝てた。
手からスマホが落ちてびっくりしたも。

なかなか時差のせいか、滞在中に激しく歩き回った疲れが出てる。。
体調きつかったなぁ。

2017/08/07

8/7 台風

中部国際には朝到着した。
すでに台風の影響が出ていて、キャンセルになったフライトもある。。
自分が搭乗予定のJALは折り返しだが、その飛行機は入ってきた。
飛びそうだ。

結局この日この後の
中部便はほとんど欠航。
ついている。



2017/08/06

8/6 Joo 

あちこちフィンランド人のはなしに聞き耳をたてていると、あいずちは「よー」なんだよね。これなんかいいんだわ。
昨夜のサウナのとき。楽しかったね。
話しかけたらさ、Jooって返してくれた。ネイティブ「よー」。そう暑くないのに、水をかけると途端にあっつくなる。
素晴らしいね。ここのサウナ。
サウナいいねって初めて思ったかも。

フィンランド最後の日は朝、はやいうち荷物整理をし市場や町歩きに午前中を。
さんさく、いちば、書店、スーベニア。
古い建築のデコレーションを沢山とカラスのオブジェも撮影できたし、なかなか充実。

チェックアウト。
この旅最後のトラムに乗って駅まで、ここで航空会社のバスへ乗り換え空港へ。
つかれちゃつたし早めにチェックインをすませ、搭乗口で待つことに。
昼ご飯はBUGER KING。これ日本じゃ食べないけれどこっちで二度目。
わっぱー、うまい。

出国スタンプ、予想通りフィニッシュページに押されていた。
やはりそうなんだ〜。
で、そのスタンプをおして貰う直前の自動ゲートで挟まれるというハプニングに遭遇。
身動きできずにうろたえていると後ろで待つ韓国人のお姉さんが助けてくれた。
いや、ありがとうございました。
無事に出国出来そうです。






8/5 Nuukusio National Park

これまでだって随分歩いてもう全身の疲れがひどいけれど最終日前日、
フィンランドの森というものを体験へ。
ヘルシンキからVRで1時間くらい、そこからバスに乗り換えヌークシオ。

Nuukusio National Park

エスポーでVRを降車、ローカルバスへ乗り換える。
持っているチケットでヌークシオにいけるかとかをインフォメーションのお姉さんに聞いたんだけど、あなたの手持ちはヘルシンキのみだからと別なチケットをすすめられる。
カードタイプのものか、片道ならリージョンチケットよ5ユーロね。みないなことを早口で教えてくれる。
が、こちらの英語できなさっぷりに、ゆっくりアドバイスに変わってきて、いやぁ親切だよなぁ。その後自販機でチケット買っていたらヌークシオマップを持ってきてくれたり。ありがとうフィンランドのおねんさん!

列車からバスに乗り換え、目的地が近づいてきたあたり、空が突然黒雲に覆われた。
雨だ。
けたたましいい降りだ。
カッパを着て、その先の雨に備えた。
ほどなくしてバスは降車予定のHukkalanpiについた。
森の入り口で屋根のない場所に放たれたところで、運良く雨は小降りになる。

とちゅう数台のクルマが徒歩の自分を抜かして行く。
2km先の駐車場にはそれなりに多くのクルマが訪れているが、渋滞のようなことにはなっていない。
そこから静かに遊歩道が始まった。




2017/08/05

8/4 SUOMEN VALO KUVA TITEEN MUSEO

カンピターミナルから21BXのバスに乗りsalmisaariで降車。かつての工業団地がアートセンターになったエリアだ。フィンランド語はまるでわからないから、どこが目指しているところなのか、どこが美術館なのかすら難関。
雨のなかのレンガ造りの巨大な建築は色、質量、重厚さがかっこよい。

SUOMEN VALO KUVA TITEEN MUSEO.
これフィンランドの光で描く芸術の美術館ということ。
The Finnish Museum of Photography

写真展『A MYTHICAL JOURNEY』Heikki Willamo
すばらしい。
薄暗いモノクロームにワイルドライフが再現されているが、心象風景ともとれるし古代壁画のような再現シリーズは後世に唯一伝わる絵になるだろうと思えるような印象を受け、感銘を受ける。さすが、ベースにロックアートや動物に関する信念や神話の研究をされてきた方の表現だ。


2017/08/04

8/3 Estonia

世界遺産の古都へ。

Estonia

7時半のフェリーに乗り込み、海の向こうへ降り立った。
フェリーターミナルから、すでに城壁に囲まれた古い町を感じることができる。

街並み、石だたみ、教会、夏の日差しに照らされ全てが美しい。アーティストの集まったエリアには、オリジナリティーある作品にも出会えた。

そう、ここへくると人が変わった。
ロシア系。。派手な雰囲気に変わり、ヘルシンキの素朴な感じの女性は見かけない。
なるほど、国が変わるというのは人が違うってことなのか。

午後7時のフェリーに乗る。
日が長いというのは、この時点でまだ太陽が高い。夜は短く昼が想像以上に長いということ。ヘルシンキの港へ午後10時頃入ったが、ようやく日没の頃。活動時間が長すぎて、体力は限界に近いと思われる。。

2017/08/02

8/2 Sibelius

手動エレベーター、ゴミの捨て方、キッチンの使い方などなど
やっと慣れてきたアパートメントホテルは今日アウト。
KAMPPIのホテルへ荷物を抱え移動。
13時くらいだったけどチックインできた、ラッキー。

ホテル前のカフェでご飯を食べシベリウス公園へ。
ホテルからあるき、カンピのチャペル、石の協会を経て作曲家を記念したシベリウス公園へ。
Jean Sibelius.
ヘルシンキの西。

道中チョッキをきたこの国のカラスにも出会え、悪くない。
街歩きいいな。




2017/08/01

8/1 Fiskars

鉄鋼の街はかつての姿。今は職人の街。
VRの指定券で特急に乗り込む。
karjaa駅からバスターミナルを探す。
1日3本のバスがでていて、偶然にもその日一本目11:00に乗車できた。
唯一晴れ渡った小さな町
ターミナルに止まっていて扉のあいたバスの運転手さんに尋ねると、このバスだよって。なんか人柄いいしうれしい気分。
往復のバスチケットを手に入れ30分ほどのバスの旅。
湖を右に見ながら山間に入ってきた。
小さな街にアーティストが集まる美しい街だ。
日差しにキラキラしている。
広場にはのどかなマーケットが出ていて古物が並ぶ。

ギャラリー、レストラン、ミュージアム、カフェ、アーティストショップ、セレクトショップ、そしてオレンジのハサミを一本事務所用に。
たっぷり夕方まで過ごし、帰りのバスが滑り込んできた。
行きの優しい運転手さんだ。
挨拶を交わし、乗り込んだ。

帰りのVRには少し時間があって、バスを降りたところのスーパーにalcoが入っているのを見つけ、この旅初めてワインを買ってみたり。


2017/07/31

7/31 まちあるき

雨になった。
トラムで中央駅、そこから地下鉄に乗り換えた。
お昼ご飯はマリメの社員食堂と決めていたので、こちらにきてはじめてブッフェスタイルを楽しむ。
こちらにきてはじめてたべすぎた。
食器は全てマリメッコで、客は日本人とアジアが多い。ほかは従業員の方々だ。
日本人にほんと人気なんだなぁ。。しみじみ。
ittalaファクトリー。
ここでは、ほかのショップがたのしかった。
雨も上がって日も差してきた。ファクトリー裏手の海辺に出てみる。
ここの公園のお花がきれいで、
いいなぁって。

帰り、思い切って乗ったトラムは行き先違いで遠回りに。
途中下車して、アパートまであるいた。
古めの商店街をあるき、これまで見なかったヘルシンキの一面を見られ、これはこれでなかなかよかった。
おもったよりアパートに近いマーケットがあっという間だったしね。










2017/07/30

7/30 Suomenlinna

朝早い連絡船に乗る。
客は少なく座席を選べるくらいすいている。
世界遺産スオメンリンナ。

15分程で下船すると数人の客たちは方々へ散り静かな島に消えて行った。
自分は、一番奥まで歩くと、パラグライダーが。
フィンランドの城の上に浮かび海風にのって気持ちよさそう。



2017/07/29

7/29 JAL~Finnair Helsink

成田から出国し、Finnair074。エコノミーの座席はなかなか狭い。10時間以上のフライトなのにね。ただ、いろいろなところがmarimekkoなのはかわいいね。
着席したすぐに見つけたメニューは有料のみ、もしやこの先料金に含まれたミールサービスは無いのか。。って不安がよぎる。そこにアナウンス。
チキンかビーフを選べるらしい。ビールやワインもあるっていうんで、なんか一安心。。

10時間くらのフライトでヘルシンキ国際空港到着。ボーディングブリッジではなくバスでターミナルへ。
入国審査は根掘り葉掘り質問多いなぁ。最初はフェインランド語で話しかけらてたらしい、困ってたらおまえ英語は大丈夫かと。
英語も微妙だが、結果フィンランドの言葉よりは大丈夫だった。。
入国スタンプは予想通りフィニッシュページに押されていた。

バスで中央駅まで移動して、トラムに乗って突き出た島KATAJANOKKAへ。
今日から4泊お世話になるのはアパートメントホテルはふる〜い建築。
近くのスーパーに買い出しに出かけると、ハムやチーズが種類豊富ですっごく安い。alepa。
買い物ついでに散歩してアパート周辺を見て回る。
どうやら閑静な高級な住宅街みたいだ、このあたりは。古い重厚なアパートメントもたくさん建っているし、泊まるとこも手動鉄網扉のエレベータ付きのとっても歴史的建造物のような建物。ここらにこういった古い建築はいくらでもある。素晴らしいことd。


2017/07/28

7/28 写真家 宇井眞紀子さん

宇井さんのギャラリートークを聞きに伺ったキャノンギャラリー。
いつもない熱気を感じる。
開始30分前。話の前に写真をみようと大勢詰めかけている。
さすがです。


札幌キャノンギャラリーでの宇井眞紀子さんの写真展。アイヌ100名のポートレイトに圧倒されどのようにこのプロジェクトがすすんだのか興味がさらに湧きました。ギャラリートークでは今回のプロジェクトが完成に至るまでの長い道のり、アイヌと日本人との関係性、アイヌと宇井さんの関係性、撮影過程やプロジェクト進め方のをお話されていて、自分の興味を抱いた点を含め惜しげもなく素の宇井真紀子さんといった雰囲気でたくさんお話されていました。
実際の宇井さんやアイヌとの関係性のお話はとてもマイルドな印象なのに、それとはちがう写真家としての執念、プロジェクト完成への強い意志を聞く事ができた。すばらしい人だ。


2017/07/25

7/25 ネガ作成

一度目はまるでだめだった暗室も、二回目ともなると感も蘇ってきたみたいで順調に10ほどプリントできた。
8×10の密着。
前回はネガがひどくて、まるでラインがでてこなかった。
密着なのにピントのあっていない写真だったも。
だから東京へは持参しなかったわけだが、
やはり何かが...と言うご指摘に、やっておかなくてはならない道だろう。
再度チャレンジはネガ作りから。
これ、解像度設定によってずいぶん変化する。。
そんなことをやっと知った。

昔ならプリントする前によ〜くルーペでピントなんかを確認したものだけど、見ないで作業してたもん前回は。
で、テクノロジーを信じてたらピンがない密着プリントになっていた。
そこで、いろいろ見返し、プリント時の解像度設定、シャープの具合。
階調の指定で見違えるネガになってきた。

やはりネガ作りは重要な位置を占める。



2017/07/24

7/24 Nikkor 1.4/35  Nikon Lens Selies E 4/70-210

「古いレンズが出てきまして...」
お世話になっているYさんから電話をいただいたので、見せていただこうと思い伺ってきた。
今日電話もらって、今日のこと。

すう年、いや数十年収納されたままだったというそれはちょっと傷んだ純正革ハードケースに収まっている。
ものはNikkor 1.4/35mmと4/70-210の二本。
レンズを透して見たが、ほぼ間違いないだろうと疑ったカビの痕跡ない。
綺麗な状態を保っている。
「これ、いいものですよぉ」
ちょっと前って行っても平成元年頃だからもう30年...、当時は現役だったレンズなのに今はオールドレンズのカテゴリなんだなぁ。
Nikkor だし、35mm だし、1.4だもの。

結果お預かりしてきた。
マウントアダプターあったはずだから探さなきゃ。
まずeosに付けてシャッターを切ってみよう。



2017/07/23

7/23 ステートメント

写真も苦しいものであるが、文章がまた辛い。
思い悩んで何日もかかっているんだが締め切りらしきものがありと、そこが照準になる。
ある意味追い込まれてやるタイプなのだろう。。
東京へ持参したステートメントに対し書き直しや組み直しの指摘はなくホッとした。
しかしいろいろ赤入れまでしていただき、また勉強にな李ますです。
なんか特別授業受けさせていただいておりますこと、
本当にT先生には感謝なのです。

そしてこれをイギリスにいらっしゃるEさんへ送らせていただく。
みなさま本当にほんとうにありがとうございます!!



2017/07/22

7/22 成果というか...

今回のギャラリー行きでは、写真作品集入稿に立ち会わせていただけたことも大きいが、その後に時間を作っていただき、再度わたしの作品についていろいろコメントをいただきことがのは素晴らしく感謝だった。
しかし力の無さが影響し、再考ということに。
これは、もっと人間力を磨けということか。
ただ与えられたことだけではなく、いろいろな方向性で向かって行くくらいの根性と行動力が必要だった。そんな風に反省している。
そしてそんな風に進めるための自身にスキルがかけているのかもしれない。
それは札幌へ戻って、さて、どうするべきが良いのだろうかと考えるところで、
手がない、まずい、突然不安な気持ちになってきたから。
要はすぐに方法論が出てこない。
もちろん、先生との話の中で出たアイデアや方法はこうすればこうなるからそうしてみよう、というような既に手持ちのアイデアは形にできる。その他の案が思い浮かばない。
出てこない。
これは、まずい。

テスト。
これも重要な過程。
これなくしては完成しないわけだから何か新しいを取り入れるため、自分の舵を切る必要があるのかもしれない。